2012年10月24日(水曜日)

100%広島の千羽鶴で再生紙に

画像

折りヅルが少しずつ、時間をかけて溶けていきます。

10月4日広島市就労支援センターから出荷された千羽鶴が再生紙に。
8月4日に始まったファクトリー構想は、着実に進み始め、14の作業所で始まった千羽鶴の解体は、約2ヶ月で2屯トラックにほぼ一杯。これに昨年8月広島JCが行った広島市民芸術祭で解体された千羽鶴と合わせ、100%広島市の千羽鶴が再生されることになった。

画像

RCCから取材を受けました

解体現場や、修学旅行生の体験学習、作業所の研修会、市民芸術祭など一連の取材は、千羽鶴の再生工場で一先ず集結。我々の社会実験はこれからが本番。広島の千羽鶴を再生した100%広島産の再生紙は広島で、100%沖縄産の再生紙は今後沖縄で活用されることになる。

画像

ここは、和紙を漉くのと同じ工程が行われる所。みずた溜まりがあり、紙になる場所。

溶融された千羽鶴は再生紙に抄紙するため、ラインで抄紙機に送られ、和紙を漉く要領で1分間15mのスピードで抄紙されていく。

画像

乾燥機を通過した原紙を巻き取っています。

水を含んだ原紙は、少しずつ水を絞り乾燥機を通貨して、巻き取られて再生紙に生まれ変わる。しかし、まだこれで終わりで無く、別の工場へ運ばれ、圧力をかけ印刷にもしっかり耐える腰のある再生紙に。最後はそれぞれのサイズにカットされノートや、ボールペンの工場へ直送します。

再生紙を工場任せにするのでは無く、10年間の経験を活かし、より使いやすい再生紙に抄紙し、多くの方に使って頂けるよう製紙メーカーの方々と協議を重ねています。
ファクトリー構想では、ファクトリ-構想に参加している作業所を通じても販売できるよう社会実験を進めています。
 広島・沖縄の千羽鶴がどれだけ、それぞれの地域社会の活性化になるかご支援、ご協力下さい。

Posted by 事務局 at 20時45分トピックス

2020-2021 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2020-5

>>

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

2019/08/08 Thu

新潟長岡市派遣中学生22名参加の「平和体験学習

今年も8月6日当日、平和慰霊祭に出席した長岡市から派遣された22名の中学生は、一旦宿泊先に戻り準備を整え「すまいる☆スタジオ」の工房へ到着。10:00〜約2時間の平和学習を体験した。1.平和学習目的を確認2.自分で考える力を付ける3.千羽鶴の再生プログラムを知る4.障がいのある人の事を理解する4つを

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2019/05/11 Sat

M8-ミニメモ帳を発売開始。

より持ちやすく使いやすいサイズM8「70mm×60mm」のミニメモ帳を製造・販売開始しました。職人達が沢山仕事ができるよう、プレス機械やメモ帳の抜き型を準備しました。全ての工程を「すま☆スタ」の職人達が中心になって頑張っています。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ