活動報告 - 2012年度〜2013年度

05/14

新年度「千羽鶴ファクトリー構想」説明会開催

2013/05/14 Tue

画像

ファクトリー説明会で体験・経過発表をするメンバー

会 場 広島市就労支援センター会議室
日 時 2013.5.14(火)12:00〜16:00 
参加者 障がい者作業所、NPO、20所
主 催 広島市就労支援センター、NPO千羽鶴未来プロジェクト
応 援 広島県就労振興センター
テーマ 千羽鶴ファクトリー構想について
 昨年秋に14の作業所が参加して始まった障がい者支援活動「千羽鶴ファクトリー構想」は、5月14日の説明会に20の作業所と、広島県就労振興センターが加わり、その規模を拡大しつつあります。
 先月開催されていた「広島菓子博」には、千羽鶴ファクトリー構想に参加する作業所の「クッキーチーム」がHIROSHIMA COOKIES を発売したり、再生紙を使ったグッズの販売などで少しずつではありますが実績が現れ始めました。
 そんな中、新たに参加しようと6作業所が加わり、約一年間の活動を振り返り説明会を開催しました。

次第は下記の通り。
1.RCC eタウンで放映された千羽鶴が再生紙になるまでの番組ビデオを見て補足説明。
2.千羽鶴再生グッズ、HIROSHIMA COOKIES の説明
3.県就労振興センター受注事業の経過報告と今後の方針
4.解体作業の体験
5.質問とディスカッション

補足説明
◎きつつき作業所では殆どの再生グッズを扱っています。特に名刺の注文は少しずつ増え、リピートになっています。クッキーも新しいブランドとして、クライアントから注文を受けるようになり、千羽鶴再生紙のパッケージで販売していると報告がありました。
◎はぐくみの里では近くの小学生、園児が障がい者と共同で解体を行い、障がい者理解とボランティア活動を体験していると報告がありました。
◎今後は、県就労振興センターの運営する「すまいる☆スタジオ」が、千羽鶴再生紙や、グッズの保管と総販売元になると方針を説明しました。

説明会終了後下記の意見が寄せられました。
1.1年間やってみてやっと、ファクトリー構想が理解できた。
1.県就労振興センターの話しで勇気づけられた。
1.ファクトリー構想のイメージがようやく分かった。
1.解体後の折り鶴を入れる袋が必要。
1.以前から参加しているモノにとって活発になって励みになった。
1.以前から気になっていたプロジェクトだった。今日参加して良かった。
1.今までの実席が数字的で知りたい。自分たちがどれくらい出来るか未知数だけど、参加してみたい。
1.工賃になればもっと良い。
1.将来について、明確になって良かった。
1.ニュース番組ビデオを見て、再生の流れが理解できた。
1.分別方法をもっと統一すべき。
  などでした。

Posted by 事務局 at 13時00分2012年度〜2013年度

2020-2021 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2020-7

>>

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2019/05/11 Sat

M8-ミニメモ帳を発売開始。

より持ちやすく使いやすいサイズM8「70mm×60mm」のミニメモ帳を製造・販売開始しました。職人達が沢山仕事ができるよう、プレス機械やメモ帳の抜き型を準備しました。全ての工程を「すま☆スタ」の職人達が中心になって頑張っています。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ