2020年08月15日(土曜日)

鹿児県南九州市:知覧特攻平和会館から、この夏も千羽鶴が届きました。

画像

知覧から届いた千羽鶴

鹿児島県南九州市の知覧特攻平和会館とは、今年の2月沖縄、長崎、太刀洗に続き四つ目の平和記念会館として、千羽鶴を再生する提携をしました。8 月6日原爆の日に届いた千羽鶴は、ひろしま。沖縄・長崎・太刀洗の千羽鶴と一緒にプロジェクトチームで預かり、解体仕分けを行い、千羽鶴再生紙に生まれ変わります。
 知覧特攻平和会館では、プロジェクトチームの作る千羽鶴再生和紙グッズの数々をオリジナルで製作して販売しています。
 それぞれの平和資料館もコロナの影響で、入館者が減っているものの全て7月からは開館して、皆さんをお迎えする準備が整っているようです。

Posted by 事務局 at 12時18分 パーマリンクトピックス

2019年05月11日(土曜日)

M8-ミニメモ帳を発売開始。

画像

70×60mmの手のひらサイズ。可愛いと評判に・・

より持ちやすく使いやすいサイズM8「70mm×60mm」のミニメモ帳を製造・販売開始しました。職人達が沢山仕事ができるよう、プレス機械やメモ帳の抜き型を準備しました。
全ての工程を「すま☆スタ」の職人達が中心になって頑張っています。

Posted by 事務局 at 14時13分 パーマリンクトピックス

2019年02月22日(金曜日)

大刀洗平和祈念館から、千羽鶴が届きました。

画像

ワゴン車一杯に詰まれてきた大刀洗記念館の千羽鶴

2019.2.19㈫
福岡県 朝倉郡にある筑前町立大刀洗平和記念館からワゴン車一杯に詰まれた千羽鶴との職員3名の訪問を受けました。
長崎平和祈念館で我々千羽鶴プロジェクトのことを知り、工房で働く障がいの有る職人達への表敬訪問が目的の一つで、すまいる☆スタジオのスタッフからグッズ製作現場の説明を受け、今後大刀洗平和祈念館のミュージアムグッズを提供させて頂くことになりました。

画像

38mmカンバッジ6種類

ミュージアムグッズは、
1.38mmマグネット
1.A6リングノート・A7リングノート・miniメモ帳
1.mini付箋
1.一筆箋
1.コース-ター などで、
少しずつ、グッズの種類を増やしていく予定です。

画像

唯一現存する零戦三二式戦闘機

旧陸軍が東洋一を誇った大刀洗飛行場を中心とする一大軍都が存在した場所。昭和20年(1945年)3月、米軍の大空襲により壊滅的な被害を受け、民間人を含む、多くの尊い命が失われた。
この飛行場は特攻隊の中継基地として、多くの若き特攻隊員たちの出撃を見送った場所でもあり、この筑前町立大刀洗平和記念館は「平和への情報発信基地」として、 平和へのメッセージを発信し続けます。<筑前町立大刀洗平和記念館>

Posted by 事務局 at 09時38分 パーマリンクトピックス

2020-2021 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2020-8

>>

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

2020/08/22 Sat

安佐動物公園のオリジナルメモ帳を千羽鶴再生紙で

安佐動物公園は5月18日から開園を再開。広々とした園内は、大人でも癒やされる空間です。ここでは天然記念物のオオサンショウウオを初めとして多くの動物達が自然に近い環境で飼育されています。 プロジェクトは2019年10月にM8サイズのメモ帳に飼育掛かりの方が撮った動物の写真を預かり26種類の動物達を表紙

これまでの活動報告

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ